SEO(検索エンジン対策)

SEOの重要性

今最も注目されているSEO

インターネットで情報を収集することは日常化しており、ユーザの9割以上がGoogleやYahoo等の検索エンジンを利用しています。しかしそのほとんどが、検索結果の1・2ページ目までしか見ていないという統計が出ており、3ページ目以降での表示では集客効果が大きく下がってしまうのが現実です。自社のサイトが競合相手より上位に表示されていれば、新規の顧客を獲得するチャンスが多くなり、集客・売上増のための効果的な宣伝が出来ます。このように、ホームページを上位に表示させるために行なうのがSEO(検索エンジン最適化)です。ネット広告において、今最も注目されている手法です。

キーワードで売上増加

検索エンジンで情報を探す時に、ユーザが知りたいと思っている情報はそのままキーワードとして入力されます。例えば、「花 プレゼント」というキーワードで検索しているユーザは、間違いなく「花を購入してプレゼントしたい」と考えているわけです。このように、集客したい客層に的を絞ってアピール出来るのがSEOの最大の武器と云えます。そしてこの時、検索結果の上位に表示されることによっての効果は、計り知れないほど絶大です。つまりSEOは、キーワードと検索エンジンをうまく活用することで、効果的にホームページからの売上を伸ばす最も有効な方法と云えるのです。

売上アップにつながる効果的なSEO

SEOとリスティング広告との比較

企業のSEO利用率が高まりを見せている大きな要因として、商品やサービスの購買・成約率に、明確な差が出ていることが挙げられます。最新の調査によると、キーワード検索からのアクセスによる成約率が、SEOとスポンサー広告では、実に約2.4倍もの違いが出ていることが分かりました(米Web Side Story調べ)。このことからも、SEOがいかに費用対効果に優れているかが分かります。且つ上位表示による企業のブランド化にも大きな役割を果たしています。弊社においても、これまでスポンサー広告主体のホームページ戦略を展開していた企業様から、SEOにシフトする形でご依頼をいただくケースが増えています。

※スポンサー広告とは
キーワード検索の結果に連動して広告を表示させ、1クリックごとに費用が発生する。代表的なものにYahooを中心としたオーバーチュアと、Googleを中心としたアドワーズがあり、リスティング広告(検索連動型広告)とも呼ばれている。

>> SEO導入実績へ

充実!3大無料コーナー

SEOの実績例